COMPANY会社案内

リヒト精光株式会社
沿革HISTORY

大正10年(1921) 藤田良光が藤田製作所を創業。
大正12年(1923) 「エジソン」の商標にて「ナンバーリング」を開発製造し京都鳩居堂に納入。
昭和25年(1950) 藤田良幸が藤田製作所の代表取締役社長に就任。
昭和27年(1952) 「ピンクリップ」などを製造し、リヒト産業株式会社(現在の株式会社リヒトラブ)へ納入。
昭和42年(1967) 「ペーパードリル」(国内・輸出向け)の製造に着手。
昭和47年(1972) 法人設立に伴い社名をリヒト精光株式会社に改称。
昭和48年(1973) 「ペーパードリル」の熱処理を社内処理移行のため真空熱処理炉を新設、併せて真空熱処理の受託加工を開始。
昭和51年(1976) 大阪営業所を開設。
昭和52年(1977) 京都営業所を開設。
昭和54年(1979) 厚木工場を開設。
昭和56年(1981) 大阪工場を開設。
昭和60年(1985) 伏見工場を開設。併せて大阪工場を閉鎖。
平成3年(1991) 京都南工場を開設。
平成8年(1996) 竹居正実がリヒト精光の代表取締役社長に就任。
平成12年(2000) ISO9001認証を取得。
平成13年(2001) 本社工場および京都南工場を統合し、京都工場として開設。
滋賀営業所開設。
平成14年(2002) 京都府モデル工場に選定される。
平成17年(2005) 久御山工場を開設。併せて伏見工場、滋賀営業所を閉鎖
平成20年(2008年) 元気なものづくり中小企業300社に選定される。
平成29年(2017年) 藤田英人がリヒト精光の代表取締役社長に就任。
平成29年(2017年) 厚木工場を増改築して自社開発の新型真空炉増設し運転開始。
平成29年(2017年) 大阪営業所を移転。