トップ > 設備紹介 > JUMBO-大形硬度計

設備紹介

JUMBO - 大形硬度計



 共同開発 : 株式会社島津製作所

硬度計の負荷部と光学部が独立した動きができる事で従来機では不可能だった大型試料(幅297x奥420x高150mm)や段差50mmまでの凹部底面の硬度測定を実現した世界で唯一のマイクロビッカース硬度計です。

【取得特許】

日本国特許 : 2002-103234
US PAT.No. : US 6,301,956,B1
DE PAT.No. : DE 199 60 017 B4
試験位置の位置決めは、ジョイスティックを用いてXYZ移動を行います。また、試験位置決め後は負荷,測長まで連続して自動的に行います。製品そのものの硬度測定が可能なため、硬度計測定用専用片の作成が必要ありません。
  1. 実物試料(幅297x奥420x高150mm)の硬度試験が可能
    例)大物部品、ダイカスト金型、プラスチック金型
  2. 凹部底面(深さ50mmまで)の硬度測定が可能
  3. レーザポインタにより試験位置確認可能
  4. 負荷から測長まで自動計測
  5. 試験力
    245.2、490.3、980.7mN、1.96、2.942、2.903、9.807、19.61、29.42、38.23Nの10種
    (HV0.025g、0.05g、0.1g、0.2g、0.3g、0.5g、1kg、2kg、3kg、4kg):任意切換え式